ASCO2006の速報で、6月7日に最も注目度が高かった記事は、前日と同様、IRIS試験の5年目の成績に関する発表を取り上げた「ASCO2006で世界中が待ち望んだIRIS試験の5年成績がついに発表」でした。

日経メディカル オンラインでは6月2日から6日までの5日間にわたって米国ジョージア州アトランタで開催された第42回米国臨床腫瘍学会(ASCO2006)の注目演題を速報するサブサイト「ASCO2006学会ダイジェスト」を開設しています。IRIS試験の速報を含め、以下の記事が注目を集めています。どうぞご覧ください。

第1位 ASCO2006で世界中が待ち望んだIRIS試験の5年成績がついに発表 移行期や急性転化期に進展してもおかしくない時期なのに、患者の多くは慢性期に留まって生存を続けている

第2位 ゾレドロン酸が広く骨関連事象の発現を抑制

第3位 スニチニブが肺癌でも有効である可能性

第4位 第3世代アロマターゼ阻害薬は骨代謝回転に違いがあるか? LEAP試験から

第5位 進行非小細胞肺癌へのペメトレキセドの効果はドセタキセルと同等