米UCLAのBrennan M Spiegel氏

 過敏性腸症候群IBS)に対する治療効果判定に用いられる「IBS症状の全般改善効果」という評価は、ベースライン時の状態に依存するのではないかとの指摘がある。しかし、Rome財団のIBSアウトカム/エンドポイント委員も務める米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のBrennan M Spiegel氏は、米シカゴで開催中の米国消化器学会(第40回米国消化器病週間DDW2009)の一般口演において、12の臨床試験のメタ解析の結果、こうした評価に基づくアウトカムとベースライン時の重症度に有意な相関は認められなかったことを報告した。

 「IBS症状の全般改善効果」の信頼性は、精神や心理研究の場でもしばしば議論されてきた課題であり、これに代えうる選択肢として、ある種の疾患においては、いくつかの評価ポイントの状態をスコア化し、その数値の変動をもって「50%の症状改善効果」として評価する方法も採用されている。IBSの場合は、IBS-SSSスコアがその代表例だ。

 そこでSpiegel氏らは、これら2つの評価法の妥当性を検証すべく、これまでになされたIBSに関する12試験、1万66例のデータを統合し、ベースライン時の重症度と、「IBS症状の全般改善効果」による有効率、「50%の症状改善効果」による有効率との相関を調べた。

 解析の対象とした臨床試験は、5つの製薬企業によって行われた12の臨床試験である。ベースライン時の症状の重症度は、すべての試験がベースライン時の評価項目に含めていた「腹痛」をスコア化し、重度、中等度、軽度の3段階で評価した。

 こうした手順を経て、計9044例のデータが統合された。平均年齢は44.3±12.7歳、女性の比率は84.8%、平均IBS罹病期間は11.3±11年、IBSサブタイプは便秘型57.9%、下痢型31.4%、混合型19.7%であった。また、上記の腹部スコアに基づくベースライン時の重症度は、軽度が34.5%、中等度が33.5%、重度が31.9%であった。

 「IBS症状の全般改善効果」による有効率は、試験によっては「有効」の定義が若干異なっていたため、その場合は他と同じ定義で有効率の再計算を行った。その結果、ベースライン時の症状の重症度別にみた有効率は、それぞれ42%(軽度)、40%(中等度)、38%(重度)となり、有意な差が認められた(P=0.0008)。しかし、年齢、性別、IBSサブタイプ、罹病期間を独立変数に加えた多変量解析を行うと、症状重症度と有効性の間に有意な相関は認められなかった(P=0.07)。

 一方、「50%の症状改善効果」によって求めた有効率は、45%(軽度)、41%(中等度)、41%(重度)であり、症状重症度による有意な差は認められなかった(P=0.27)。しかし、年齢、性別、IBSサブタイプ、罹病期間を独立変数に加えた多変量解析では、微弱ながら有意な相関が認められた(OR=1.04、95%CI:1.03-1.05、P<0.0001)。

 しかし、いずれの評価法を用いた場合でも、レスポンダーとノンレスポンダーの重症度スコアの差は、「臨床的に意味がない」とされる5%未満の差であった。したがって、「どちらの評価法もIBSの臨床試験のエンドポイントの評価に支障なく使えるものであり、ベースライン時の重症度によって試験結果が変わることはない」とSpiegel氏は結論づけた。