米マサチューセッツ総合病院のAndrew T.Chan氏

 以前から、シクロオキシゲナーゼ-2COX-2)の活性を阻害する作用を持つアスピリンには、大腸癌予防効果があるのではないかと期待されてきた。このほど、大腸癌と診断された後にアスピリンを定期的に服用すると、死亡率の大幅な低下がみられることが分かった。米シカゴで5月30日から6月4日まで開催されている米国消化器学会(第40回米国消化器病週間DDW2009)のプレナリーセッションで、米マサチューセッツ総合病院のAndrew T.Chan氏が発表した。

 Chan氏らは、Nurses' Health Study(登録者12万1700人)とHealth Professionals Follow-up Study(登録者5万1539人)の2つの研究への参加登録者から、ステージ1〜3の大腸癌患者1279人を登録、2008年まで平均11.8年間追跡した。この間に480人が死亡し、うち222人が大腸癌による死亡だった。

 大腸癌と診断される前にアスピリンを定期的に服用していた場合、大腸癌による死亡率についても、全死亡率についても、服用していない場合と比べて特に差はみられなかった。一方、大腸癌と診断された後でアスピリンを定期的に服用すると、服用していない場合に比べ、大腸癌による死亡率が29%も有意に低下した(95%CI:0.53-0.95、p=0.02)。全死亡率についても有意に改善した(p=0.03)。

 特に、大腸癌と診断される前にアスピリンを服用していなかった患者719人については、診断後にアスピリンを服用しなかった536人に比べ、診断後にアスピリンを服用し始めた183人では大腸癌による死亡率が47%低下(95%CI:0.33-0.86)と、ほぼ半減した。さらに、免疫組織学的評価が可能だった459人について、COX-2の過剰発現の有無と大腸癌の関係を調べた。その結果、COX-2が過剰発現していた患者314人では、アスピリンを定期的に服用していた132人で、服用しなかった182人に比べ、大腸癌による死亡率が61%と大幅に低下した(95%CI:0.20-0.76)。

 Chan氏は、「COX-2が過剰発現している大腸癌患者では、定期的なアスピリン服用による予後改善効果は高い可能性がある。ただ、この治療に関しては限られたデータしかなく、より大規模な試験による検証が望まれる」と結んだ。