北野病院の森可南子氏(左)、浜本芳之氏(右)

 糖尿病患者が肝硬変を合併すると、食後に血糖値が上昇しやすくなり、血糖コントロールがより難しくなる。そうした肝硬変合併糖尿病患者において、ヒトGLP-1アナログ製剤のリラグルチドはエキセナチドに比べ、より良好な血糖コントロールをもたらすことが分かった。北野病院(大阪市)の森可南子氏、浜本芳之氏らが持続血糖モニター(CGM)を用いた検討により明らかにしたもので、6月8日から12日まで米国フィラデルフィアで開催されていた第72回米国糖尿病学会(ADA2012)で発表した。

 肝硬変を合併した糖尿病患者では、肝臓のインスリン感受性低下のために、しばしば著しい食後高血糖を来たし、これを是正するためにインスリンが必要となる患者も少なくない。今回は、入院によるインスリン療法を行った肝硬変合併糖尿病患者7例に対して、リラグルチド(0.6mg、1日1回投与)とエキセナチド(5μg、 1日2回投与)をそれぞれ2日間ずつクロスオーバーにて投与し、CGMによる血糖測定を行った。

 患者背景は、男性が2例、女性が5例、年齢が68.4±3.1歳、BMIが22.6±2.3kg/m2、HbA1cが9.1±0.7%、インスリン投与量が46.7±7.7単位/日だった。

 血糖の変動パターンを見ると、リラグルチドの場合はインスリン治療で得られる血糖パターンと類似しており、朝食後に高めのピーク、日中および夕方にやや小さいピークが認められた。一方、エキセナチドの場合は昼食後と深夜帯に大きなピークを有するパターンを示した。

 血糖値の曲線下面積(AUC)を算出すると、全日(24時間)はリラグルチドが4176.7±1146.8mg/dL*hr、エキセナチドが4652.9±1621.6mg/dL*hrと、リラグルチドの方が有意に低かった(P<0.05)。さらに、午前6時から6時間ごとに4つの時間帯に分けてAUCを比較すると、朝(午前6時〜午前12時)と夜(午後6時〜午後12時)はリラグルチドの方が有意に高かった(いずれもP<0.01)。反対に、日中(午後0時〜午後6時)と深夜(午前0時〜午前6時)はリラグルチドの方が有意に低かった(いずれもP<0.01)。

 食後2時間におけるAUCを見ると、朝食後はリラグルチドが375.1±96.6 mg/dL*hr、エキセナチドが298.7±141.8 mg/dL*hrとリラグルチドの方が有意に高かった(P<0.01)。昼食後はエキセナチドが有意に高く(381.1±129.1 mg/dL*hr 対 491.8±165.4 mg/dL*hr、P<0.01)、夕食後はリラグルチドが有意に高かった(476.5±284.9 mg/dL*hr 対 319.1±127.0 mg/dL*hr、P<0.05)。

 さらに、各食後において時間当たりの血糖値変化(傾き)を求めると、リラグルチドは3食ともプラス(増加傾向)であったが、エキセナチドは朝食後と夕食後はマイナス(減少傾向)で、特に夕食後の減少幅は大きかった。また、24時間のうち高血糖(血糖値250mg/dL超)であった時間の占める割合はエキセナチドの方が高かったにもかかわらず、低血糖(血糖値70mg/dL未満)の持続時間はエキセナチドの方が長かった。

 浜本氏らはこれらの結果から、「肝硬変を合併している糖尿病患者においては、同じGLP-1受容体作動薬であっても、リラグルチドの方が良好な血糖コントロールを得られた」と結論した。

(日経メディカル別冊編集)