日経メディカルOnline編集長の田島です。今回は、「記者の眼」としては幾分イレギュラーではありますが、先日行ったWebアンケートの結果の発表と併せて、日経メディカルOnlineの次期サイトリニューアルの予告をさせていただきます。

 2006年4月にスタートし12年目を迎えた日経メディカルOnlineは、これまでに3回、大掛かりなサイトリニューアルを行いました。しかし、最後のリニューアルから既に3年が経過しておりまして、そろそろ、最新のネット技術を携えたユーザービリティの高いサイトに生まれ変わるべく、準備を進めております。

 この次期リニューアルに向けては、部内に若手記者を中心としたタスクフォースを組織し、新サイトの方向性を検討してもらっているのですが、メンバーの発案で先日、医師会員を対象にWebアンケートを実施しました。テーマは「日経メディカルOnlineに足りないところ」。1週間ほどで4305件の回答が集まりました。

 まず、シンプルに「どのような記事を読んでいますか」と聞いた自由記述のアンケート項目には、次のような回答をいただきました。代表的なものをご紹介します。

◆自分の診療科の情報は当然確認するが、他領域でも新しくガイドラインが変更になったり、新薬が発売されたりすると見ている。
◆医師の間で話題になっている情報を知るために読んでいる。
◆自分のキャリア設計の参考になりそうな記事をチョイスして読んでいる。
◆経営に関する記事と自分の専門分野の記事。


 ふむふむ。みなさん、ご自身の専門領域はもちろんですが、他領域のトレンド情報やご自身のキャリア形成に役立つ記事に関心を持っておられるようです。

 ちなみに、このアンケートは当サイト上で回答者をリクルートしていますので、かなりバイアスがかかっています。何しろ、日経メディカルOnlineの訪問頻度について聞いた設問では、1日に1回以上アクセスする人が回答者の58.2%! 次いで「2〜3日に1回程度」が28.8%、「週に1回程度」が12.1%と、驚くべき“愛読率”の高さでした。

 以下では、そんな愛読者のみなさんから頂戴した、「日経メディカルOnlineに足りないところ」をご紹介します。こちらも自由意見の中から、複数の方が挙げていた代表的なご意見を紹介します。

◆記事の自分用保存機能があるととても助かります
◆マイページに記事や特集等を保存できるようにしてほしい
◆記事のスクラップ・整理機能
◆日経新聞電子版のクリップのような機能

→色々な形でご要望いただいておりますが、要は、気に入った記事や「後で読む」記事をストックしておける機能をご所望のようです。ぜひ、次回のリニューアルではこの機能を実現したいと思います。

◆PDF化ボタン
◆PDFにして記事を保存したい

→記事をPDF化する機能を求める声がたくさんありました。こちらも「記事を取っておく」「整理する」ことを目的とされているのだと思われます。

→日経メディカルOnlineの記事を、きれいな形でPDF保存する機能は、既に搭載されています。ブラウザごとに使い方が違うのですが、Safariを例に、下の動画で解説しましたので、ご参照ください。

→とはいえ、いずれにせよ「ボタン一発でPDFに」というわけにはいきませんので、何か解決法がないか、こちらも次期開発で検討します。