三洋電機メディコム事業部は、東日本大震災で被災した薬局に対し、4月11日から同社の保険薬局システム「Pharnes2」(ファーネス2)の無償貸し出しを行うと発表した。4月1日から6月30日までの期間に申し込みを受け付け、4月11日から9月30日までの間、無償でシステム一式を貸与する。
 
 同社が無償貸与するのは、薬歴機能を備えたレセプトコンピューター「Pharnes2」のスタンドアローンシステム(本体1台、液晶モニター1台、プリンター1台)。岩手県、宮城県、福島県内で開局している保険薬局に優先的に貸与する。

 貸与申し込みは、同社サイトのお知らせ「地震で被災された保険薬局様への調剤業務復興を支援」内からアクセスできる「お申し込みフォーム」から。なお、これまでメディコムのレセコンなどを使用していた被災薬局には、販売代理店を通じて復旧対応を行っているので、代理店に連絡するよう呼びかけている。