日本薬学会は、3月28〜31日に静岡県で開催を予定していた第131年会の開催を中止すると発表した。東日本巨大地震や、引き続いて起こった福島原子力発電所の事故、計画停電による交通機関等の乱れなどを勘案した判断。
 
 ただし、既に要旨集を発行し、全国に配布されていることから、第131年会は成立したものとして取り扱う。口頭発表およびポスター発表など、同年会での発表は成立したものとし、予約参加登録費は返金しない。懇親会の予約参加費の取り扱いについては検討中だという。
 
 また、10月に宮城県での開催が予定されていた第44回日本薬剤師会学術大会は、開催予定地の被害が大きいことから、宮城県での開催は行わないことが決まった。日本薬剤師会によると、現在、代替開催地について協議を行っているが、大規模な大会であることなどから代替開催は難しく、学術大会そのものの開催を取りやめる可能性もあるという。

関連サイト:(日本薬学会)
「日本薬学会第131年会(静岡)開催の中止について」
関連記事(NMオンライン):
4月2日〜10日の日本医学会総会も中止