【相談】
 2015年12月から職場で「ストレスチェック制度」が導入されると聞きました。どのようなことをするのか、教えてください。(30代男性)

【回答】
50人以上の事業所に義務化 薬局内のコミュニケーションを円滑に


回答者◎武藤 清栄(東京メンタルヘルス[東京都豊島区]所長)


 労働安全衛生法の改正により、2015年12月から、従業員50人以上の事業所では「ストレスチェック」の実施が義務付けられました(50人未満の事業所は努力義務となります)。これは、職場でのメンタルヘルス対策の一環として、心身に不調を来す前の対応を促すことを目的に導入されました。

 国が推奨している「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」(図1)などを使って、従業員のストレス状態を年に1回以上検査し、強いストレスが認められた労働者には医師による面談指導を設けたり、必要に応じて労働時間の短縮などの就業措置を講じるものです。

 薬局では従業員が50人以上に上る規模の事業所(店舗)は少ないと思いますが、チェーン本部や病院などは義務化の対象となります。

図1 厚労省が作成した「職業性ストレス簡易調査票」の項目(57項目)
(*クリックすると拡大表示します)

 調査票では、職場での従業員の心理的負担の原因、労働者の心身のストレス反応(自覚症状)、職場でのサポート環境について調べます。労働者はこのストレスチェックを受けることを拒否することもできますが、自分がストレスチェックを受けてどう感じたかを振り返ることで、自己理解を深め、ストレスへの対処法を考えるなど、セルフケアにつながります。

 薬剤師を含む医療関係者は、人との関わりが多く、業務上自分の感情を抑制することを求められる「感情労働」による葛藤があります。このような職種は特にストレスが高まりやすいため、日ごろのケアが欠かせません。ぜひ活用していただきたいと思います。

 ストレスチェック以外のメンタルヘルス対策としては、管理者による事業所内スタッフに対するケア(ラインケア)が特に重要です。日ごろの職場環境の把握と改善のほか、部下の仕事が遅くなった、ミスや忘れることが増えたなど、業務に支障を来しているようであれば、管理者の介入が不可欠です。

 こうした時、部下に話を無理に聞き出す必要はありませんが、積極的に声を掛けたいところです。「仕事がつらいと思うことも多いよね?」「眠れていない時もあるんじゃない?」など、マイナスのことでも肯定的に問い掛けると、相手も防衛的にならず、「実は……」と打ち明けやすくなります。その際は、声や表情でも相手を受け入れる態度を示すことが必要です。

 不調の原因が職務に関するものであれば、配置転換を検討したり、必要に応じて産業保健スタッフと連携します。不調の原因が家庭の事情などにあり、職場での対応に限界がある場合は、区市町村の相談支援センターなど、専門の窓口を紹介するなどして対応します。

 問題が解決しなくても、話を聞き、理解する人が身近にいることで、カタルシス効果(浄化作用)がもたらされ、気持ちが楽になる人は少なくありません。心の不調がある人に限らず、配属されたばかりやミスをした直後、薬局が非常に混雑している時などは、高ストレスな状況なので、その日の業務が終わった後にでも、当事者に一言声を掛けると良いでしょう。人数の少ない薬局やチームであればあるほど、管理者をはじめとした周囲の人間の関わり方が重要になります。

円満な職場環境を築くには
 なお、こうした対応には、管理者だけでなく、全てのスタッフが普段からあいさつをし合っている、笑顔があるなど、職場の雰囲気が大きく影響します。コミュニケーションでは声のトーンや視線、表情など「非言語メッセージ」が多くを占めるといわれます。高過ぎず落ち着いた声で明瞭に話す、口角を上げて笑顔を作る、柔らかい目線を心掛けるなどが、円滑なコミュニケーションにつながります。

 医師など他職種とも連携することの多い薬剤師には、アサーティブな(相手を尊重しつつ、自分の主張もしっかりと伝える)コミュニケーションスキルが今後さらに重要になってくると思います。非言語的メッセージに加えて、言葉遣いも少し工夫するだけで、相手の受ける印象は大きく変わります。

 言いづらいことを伝える時などには、「こんなことを言っていいか分かりませんが」「怒らないで聞いていただきたいのですが」「最後まで聞いていただけるとうれしいのですが」といった「前置きの言葉」を本題の前に添えるだけで、相手に与える印象が柔らかくなります。円満な関係を維持しながら、きちんと話をしたい時に、ぜひ使ってみてください。