生理不順には、生理が遅れる、早まる、安定しないなどの「周期」に関する異常と、経血量が少ない、多い、だらだら続く、生理期以外にも出血があるといった「量」に関する異常があります。いずれにも多様な証(しょう)が関係していますので、生理不順については2回に分けて解説していきます。今回は「周期」が乱れる生理不順です。

 生理不順の場合、一般にはピルなどのホルモン療法で生理周期を整えます。ただし、ピルなどで人工的に周期を整えても、生理不順が治っているわけではありません。根本的な原因を改善しない限り、ピルをやめると生理不順に戻ることも多いのが実情です。

 生理不順は、体内に不調があり、その結果として表れる病態です。体調が万全ならば生理は安定しています。漢方では、漢方薬で患者の「生理不順体質」を改善し、自力で自然な生理が来ることを狙った処方を行います。

 生理周期の異常と関係が深いのは、「(けつ)」です。血は人体を流れる構成成分の一つで、血液や栄養のことです。この血の状態が異常になると、生理周期が乱れます。また、血の流れを推動する「」の失調も、生理周期の乱れに関係してきます。

 そのほか、五臓の(かん)やとも関係があります。肝は体の諸機能を調節(疏泄[そせつ])するのが主な働きですが、「肝は血を蔵す」といい、血を貯蔵し循環させる臓腑でもあります。また腎は人の成長・発育・生殖をつかさどるのが主な機能ですが、「腎は血を生ず」といい、血を生み出す臓腑の一つでもあります。これらの臓腑の失調からも、生理不順が生じます。

 生理不順(周期の異常)の証には、以下のようなものがあります。

 一つ目は「気虚(ききょ)」証です。生命エネルギーを意味する「気」が不足している体質です。過労、生活の不摂生、慢性疾患などにより気を消耗すると、この証になります。気の機能の一つに、血など人体に必要なものが体外に漏れ出ないようにコントロールする働き(固摂作用)がありますが、気虚になるとこの力が弱まり、出血しやすくなります(気不統血[きふとうけつ])。このため生理周期が早まります。気を補う漢方薬で生理不順を治します。

 二つ目は「血熱(けつねつ)」証です。味が濃く脂肪分が多い食生活、精神的なストレス、長期の体調不良などにより、熱邪が血に侵入した証です。熱邪の影響で出血が促され、生理が早く起こります。実熱と虚熱という2つの証がありますが、詳細は症例で解説します。漢方薬で血熱を冷まし、生理を安定させます。

 以上は生理周期が早まりやすい場合(頻発月経)の主な証です。

 三つ目は「血寒(けっかん)」証です。血熱証とは逆に、冷えや慢性疾患により生じた寒邪が血に侵入している証です。寒冷により血の流れが停滞するため、生理が遅れます。血熱同様、2つの証があります。体を温めて血行を促す漢方薬で治療します。

 四つ目は「血虚(けっきょ)」証です。人体に必要な血液や栄養が不足している体質です。偏食など無神経な食生活、胃腸機能の低下、出血、慢性疾患などによってこの証になります。血が不足しているため、生理周期が遅れます。漢方薬で血を補い、生理周期を調えます。

 五つ目は「肝鬱気滞(かんうつきたい)」証です。体の諸機能を調節(疏泄)する臓腑である五臓の肝の気(肝気)の流れが滞っている体質です。ストレスや緊張が持続すると、この証になります。肝気の流れの悪化の影響がホルモンバランスの失調に及び、生理不順が生じます。漢方薬で肝気の鬱結を和らげて肝気の流れをスムーズにし、生理不順を治していきます。

 以上は生理周期が遅れやすい場合(稀発月経)や無月経の主な証です。肝鬱気滞は、生理周期が不安定な場合にもよくみられます。