本誌日経ドラッグインフォメーションで最も読まれ、最も長く続いているコンテンツ。それが、日経DIクイズです。患者のセリフと処方箋を基に、薬に関する様々な知識や、医師の処方意図などを問うスタイルは、単なる腕試しだけにとどまらず、現場の業務に役立つ実践的な内容となっています。

 この日経DIクイズも、おかげさまで今年で連載16周年を迎えました。1998年4月の創刊時から数えて、掲載したクイズは1000本を超えます。連載をまとめた書籍も毎年発行しており、今年は「日経DIクイズ」16巻を秋に発行する予定です。

 これだけたくさんのクイズの中から、良問を集めてお届けしてはどうか。そのような思いで、書籍「日経DIクイズ」1巻〜10巻までに収載した700題から100題をセレクトしたベスト版ともいえる書籍「日経DIクイズ ベストセレクション BASIC篇」を、昨年6月に発行しました。

 そして今回、その続編となる「日経DIクイズ ベストセレクション STANDARD篇」を、6月30日に発行します。BASIC篇では基本的なテーマを扱ったものを選びましたが、今回は少しレベルが高い問題を選んでいます。

 監修は、日経DIクイズの最初の原稿を執筆していただき、連載初期から執筆陣の充実などにご尽力くださった、日本メディカルシステムの笹嶋勝氏。日経DIオンラインの連載「笹嶋勝の『クスリの鉄則』」はご多忙のため休載中ですが、今回の書籍には企画から問題のセレクト、内容の変更方針まで、的確なご意見をいただきました。

 既に廃版となっている1〜4巻から25題を収載しており、過去の良問を余すところなく盛り込みました。もちろん、医療の進展や新薬の登場などに合わせて解説にも手を入れていますので、決して「古いクイズなんて役に立たない」などと感じさせません。

 ここで内容をチラリとご紹介します。

 「リスパダール内用液と混ぜない飲み物とは」
 「高山病予防に処方された炭酸脱水酵素阻害薬」
 「イトリゾールは吸入ステロイドと併用してOKか」
 「男性不妊患者に排卵誘発剤が処方された理由」

 どうでしょうか。パッとイメージがわきますか? これらは比較的正答しやすいかもしれませんが、ドキッとした方もおられるのでは。若手から中堅に差し掛かる方が実力を試すのに、またベテラン薬剤師が知識の取りこぼしがないかをチェックするのに、最適な一冊です。答えを確認するためにも、ぜひご覧になってください。

 お求めは、「日経BP書店」「アマゾン」などから。全国の書店でも取り扱っています。