スポーツの秋、食欲の秋、勉強の秋――そしてDIクイズの秋。今年の『日経DIクイズ15』は、日本薬剤師会学術大会(日薬大会)の開催に合わせて、例年より1カ月早く発刊する運びとなりました。

すでに日薬大会の書店ブースでご覧いただいた方も多いと思いますが、編集を担当しました中西が『日経DIクイズ15』の見どころを紹介します。

◆「医師が処方を決めるまで」は日常遭遇する疾患ばかり

『日経DIクイズ15』では、専門医に「緑内障」「アレルギー性鼻炎」「慢性便秘」「排尿障害」「ディスペプシア」について、症例を挙げ、その処方意図を解説いただきました。図表を加えて分かりやすくまとめてあります。


◆書き下ろしは選りすぐりの12本!

『日経DIクイズ15』のためだけに、12本のクイズを書き下ろしました。最新の知見に基づいた適応外使用や治療方法の説明、服薬指導での工夫など、読んですぐに使える内容にこだわり、クイズを編集しました。

ここで中身を少しだけ。「ロトリガ(一般名オメガ-3脂肪酸エチル)が処方された患者に『ロトリガはなぜ食事の後すぐ飲まなければならないか』と聞かれた場合、なんと答えますか? 答えは本書95ページにあります。


◆書き下ろしクイズのイラストはYABさん

今回、クイズのイラストはDIクイズではすっかりおなじみの加賀たえこさんと、日経DIで初めてイラストを描くYABさんにお願いしました。YABさんの普段のイラストはスタイリッシュでオシャレなところが印象的です。なので今回、悩みや困りごとを抱えている患者さんを描くのに苦労されたようです。ご自身も子育て中とのこと、書き下ろしクイズに出てくる赤ちゃんの絵はとても可愛らしいですよ。そのほかの登場人物も、どこかでお会いしたことがあるような雰囲気が出ています。

定価は4700円+税です。お申し込みはこちらからどうぞ。