このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

新着一覧へ

がん治療の素朴な疑問

2012/2/21

Part.2

外科治療のレベルはどの程度異なるものなのか?

はにわきみこ

はにわ:術後の回復には手術期の管理も大事だとか、病院全体としての成績を評価するべきだ、ということですね。患者も冷静になって、遠くの名医に強行軍で臨むのが本当の幸せかどうか、考えてみる時代ですね。

固武Dr:最近は学会で、手術の模様をビデオで見る機会が増えています。そのため、医師の手術の技量はどんどん高くなっています。特に急速に技術が進歩している腹腔鏡(ふくくうきょう)下手術は、学会でビデオを見ることがとてもよい研鑽になっていて、技術の差も少なくなっていると思います。ちなみに、腹腔鏡下手術は技術認定制度を導入していますから、認定されている医師であれば一定のレベルを持っている、と考えてよいでしょう。

はにわ:もう、ドクターショッピングの時代ではないのですね。ネームバリューに踊らされて、患者が無駄な労力とお金を使う時代でもない。

固武Dr:高名な医師の役割は、その領域のリーダーとなってみんなを牽引すること、優秀な後継をたくさん育てることにある、という時代になってきているのではないでしょうか。

はにわ:セカンドオピニオンについてはいかがでしょう? 我が家の場合は、食道と胃を切除して腸で再建する手術になる、と聞いたときに、切らない選択肢はないのか?という気持ちになりました。セカンドオピニオンを医師が嫌がるケースはあるのでしょうか。

固武Dr:私もセカンドオピニオン外来を持っています。私のセカンドオピニオン外来には、患者さんの希望でいらっしゃるケースも多いのですが、医師の側から「他の外科医の意見も聞いてみた方がいい」ということで訪れるケースも少なくありません。患者さんは「ベストな選択をしたい」と考えるのは当然ですし、私たちが提示する治療方針に納得いただけるようにセカンドオピニオンを取るのも1つの選択肢です。

外科手術というのは必ず、体に侵襲が加わります。がんを取り除くというメリットと引き替えに、ある臓器の機能が悪くなる、ある臓器の機能を犠牲にするといったマイナス要素をあわせ持っているのです。ですから、治療法を決定する時点では、メリットとデメリットのバランスを、よく考えなければなりません。手術で、取り除いたものは、以前の状態に戻すことができませんから。だからこそ、前もって患者さん本人が十分に納得できるように行動されるのはよいことだと思います。

はにわ:納得できなければセカンドオピニオンを取る、という土壌が育って来ているのだから、必要だと思えば遠慮なく活用したらいい、ということですね。素人としては、切除しても大丈夫な臓器とそうでない臓器の区別が付かないので、よけいに心配なのです。

固武Dr:例えば大腸の場合、結腸であれば相当切除しても機能はそれほど悪くなりません。ところが、直腸を切除すると排便機能に影響がでます。ただ、生命を維持するということでいえば大腸は全部切除することができますし、肝臓だったら7割、小腸だったら半分程度を取っても生命は維持できる、という目安があります。そのほかに膵臓は全部取っても、インスリンを注射すれば生命の維持はできる。2つ存在する腎臓は1つ失っても、あるいは仮に両方失っても生きていけます。我々医療側の人間は、「病気を治すために切除するが、一部を切っても大丈夫、あるいは代替できる方法がある」と考えますが、患者さんにとっては、大きな決断になるでしょうね。

はにわ:やはり、患者本人が、しっかり考えて、納得することが大切ですね。

この記事を友達に伝える印刷用ページ