このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

新着一覧へ

がん治療の素朴な疑問

2012/2/14

Part.1

医師への質問の仕方、ベストな方法は?

はにわきみこ

家族「医師から嫌われたらどうしよう?と遠慮してしまいます」
医師「何が疑問で何が不安か明確になるよう考えてみてください。我々は患者さんに納得していただきたいと思っています」

【POINT】
・何をどこまで知りたいかを明確に。
・質問を具体的に考えてみましょう。
・面会でのやりとりに不安があるなら紙に書いて渡すという手も



がんであることが判明すると、患者と家族は治療の説明を受け、質問する面会の機会がある。ただし、思ってもみなかったがんの告知、気持ちの整理が付かないままの場合も多く、せっかくの機会に、聞きたいと思っていたことが満足に聞けなかったという話も少なくない。患者やその家族の気持ちに対し、医師はどう考えているのだろうか。



栃木県立がんセンター 研究所長 兼 大腸外科部長の固武健二郎氏

はにわ:患者や家族は、体のことは何となく分かっているつもりですが、細かいことは知りません。手術によって臓器を「切ってしまうこと」が「とんでもないこと」のように感じてしまう人も多いのではないかと思います。そういった基本的な疑問や「切り取っても大丈夫なのか」という質問に対して医療者としてはどうお感じになりますか?

固武Dr:外科手術に対する心配や、それにまつわる質問が出るのは、当然でしょうね。

はにわ:「切ることが怖い」という気持ちもありますし「これから手術をしてくださる先生にそんなことを聞いたら気分を害するのではないだろうか」と聞けずに黙っている、と言う人も少なくないと思うんです。私たちもそうでした。

固武Dr:やはり、「聞きたい」と思うことは当然でしょうね。

 そして我々は患者や家族が聞きたいと思っていることには精一杯お答えしたいと思っています。

 ただ、忙しい外来で、午前中に30人の患者さんに話をしなければならない、という毎日で、何をお尋ねになりたいのか分かりにくいときなどは、「うーん、困ったな。何をどう説明すればよいのだろうか」と思うときはありますね。これはドクターに限らず他の職種でも同じだと思います。

 何が疑問なのか、何が不安なのか自分でもよく分からず、漠然とした不安があるということがあるのは分かります。そういった疑問や不安を解消するためにも説明させていただくのですが、何が分からないのかがはっきりしないとお答えできないのが正直なところです。

はにわ:患者や家族は担当の先生とはいい関係を築きたいと思っています。ですから、質問をするときに「先生が気を悪くされたらどうしよう?」という心配が常にあるんです。私たちなりに先生の説明を聞く前に勉強します。でも、そもそも、どういったことを知っておいて面会に臨めばよかったのだろうか。せっかくの面会なのに、貴重な時間をロスしてしまった、という後悔がありました。

 病気がわかってさあ切りましょう、という流れの中で、担当の先生と会うチャンスは何回もないですよね。だとしたら、患者の家族として、その時間をどう有効に使うべきなのか、とつい考えてしまうんです。

  • 1
  • 2
この記事を友達に伝える印刷用ページ