このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/3/24

医師への質問 応用編 子宮体卵巣を取ることのメリット・デメリットは?

 
 子宮体がん監修:京都大学婦人科学産科学講座教授 小西 郁生  
 
 手術で卵巣を取るメリットとデメリットを教えてください。後遺症の予防や治療はできますか。

 子宮体がんの手術では、子宮頸がんと異なり、子宮とともに左右の付属器(卵巣と卵管)を切除するのが標準手術となっています。子宮体がんでは、術前に予測した進行期がI期の場合で5%前後、II期で10%前後に、画像診断ではわからない微小なものを含めて卵巣転移がみられるからです。したがって、手術で卵巣を取ることで、がんのそれ以上の広がりを防ぎ、がんが治る可能性を高めることができます。また、閉経後であれば、卵巣を取るデメリットはほとんどありません。

 一方、閉経前の女性では、卵巣を切除することで、更年期障害が強く出る場合があります。ただし、これに関しては個人差があり、薬物などで治療することもできます。子宮体がんを治すためには、若い女性であっても卵巣を温存することは危険であり、メリットは少ないと考えられています(子宮体がん治療ガイドライン2006年版参照)。

 卵巣切除後、イライラする、のぼせる、突然、体が熱くなり、汗が大量に出るなどの更年期症状が見られた場合は、担当医に相談しましょう。大半の患者さんは、手術後ある程度の日時が経つと症状が落ち着くようですが、症状が治まらず、治療が必要な場合には、漢方薬やホルモン補充療法を受けることができます。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ