このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/2/24

医師への質問 応用編 胃がんに効く分子標的薬はある?

 
 胃がん監修:
京都大学消化管外科教授 坂井 義治
  
 
 ・ 胃がんに効く分子標的薬はあるのでしょうか。

 分子標的薬は、がんの増殖や転移に関わる特定の分子(たんぱく質や遺伝子)を叩く薬です。乳がんや腎がんなどでは分子標的薬が治療に使われていますが、胃がん治療においても、将来的には、再発転移した人に対する延命治療薬となることが期待されています。

 転移再発胃がんに対する分子標的薬として、有効性を確かめる国際的な臨床試験が進んでいるのは、乳がんに使われているトラスツズマブ(商品名「ハーセプチン」)と大腸がんで使用されているベバシズマブ(商品名「アバスチン」)です。また、腎細胞がんで使われているソラフェニブ(商品名「ネクサバール」)、スニチニブ(商品名「スーテント」)、乳がんを対象に開発が進んでいるラパチニブ(国内未承認)なども、臨床試験で、転移再発胃がんの治療薬としての有効性が検討されています。

 ただし、分子標的薬にも特有の副作用があり、夢の薬ではないことも理解してください。そのうえで、臨床試験などで分子標的薬を使える可能性があるかどうかを医師に聞いてみてもよいでしょう。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ