このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/2/24

医師への質問 応用編 腹腔鏡手術のメリットとデメリットは?

 
 胃がん監修:
京都大学消化管外科教授 坂井 義治
  
 
 腹腔鏡手術は受けられますか。腹腔鏡手術のメリットとデメリットを教えてください。

 腹腔鏡手術は、腹部に数カ所の小さな穴を開け、そこからカメラと手術器具を挿入し、画面を見ながら行う手術です。

 メリットとして、体への負担が比較的少なく、キズが小さい、拡大鏡を使って肉眼では見えないものが確認できる、見えにくい狭い場所も画面に写せる、術者以外のスタッフも視野を共有できることがあります。逆に、デメリットとして、患部を触って確認することができない、術野全体を見渡せない、腹腔鏡手術の経験が豊富な病院とそうではないところの技術差が大きい点が挙げられます。

 腹腔鏡手術を受けるかどうか考える際には、メリット、デメリットを確認してよく吟味しましょう。この手術の経験が豊富な病院かどうかは、日本内視鏡外科学会のホームページで、消化器・一般外科領域の技術認定を受けている医師がいるかが一つの目安になります。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ