このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/12/24

医師への質問 応用編 良好な肝機能を保つにはどうしたら?

 
 肝がん監修:
京都大学医学部附属病院 胆管膵・移植外科准教授 猪飼 伊和夫
  
 
 肝機能をできるだけよい状態に保つためには、どうしたらよいのでしょうか。

 がんの再発を予防するためには、できるだけGOT(AST)やGPT(ALT)値を低い状態に保つことが大切です。肝機能がよければ、たとえ再発しても治療の選択肢が多く予後もよくなります。GOT、GPTを下げるために一番効果的な治療法は、インターフェロンでウイルスそのものを除去する方法です。それが難しければ、肝機能改善薬である注射薬(強力ネオミノファーゲンC)や内服薬(ウルソデオキシコール酸など)による治療などで慢性肝炎の進行を防ぎます。

 また、慢性肝炎の患者さんでは、お酒を飲むことで肝機能がさらに悪化し、肝硬変や肝がんへ進展する可能性があるとの報告があります。肝機能を悪化させないためにも、禁酒が勧められます。また、脂肪肝になれば肝機能も悪化するので、カロリーの摂り過ぎにも注意が必要です。具体的にどういった点に気をつけたほうがよいかは、担当医や管理栄養士に聞きましょう。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ