このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/12/24

医師への質問 応用編 再発予防に化学療法は必要?

 
 肝がん監修:
京都大学医学部附属病院 胆管膵・移植外科准教授 猪飼 伊和夫
  
 
 (手術を受ける場合)手術の後に化学療法などを受ければ再発は予防できますか。

 肝がんは、肝炎ウイルスが原因であるケースが多いためもあって、手術後5年以内に7〜8割の人にがんが再発します。そのため、手術の後に抗がん剤をもちいた化学療法やインターフェロン療法を行ったりインターフェロンと抗がん剤を併用するなど、さまざまな再発予防治療が試みられていますが、いまのところ確立された標準的な治療法はありません。しかし、がんが進行していた場合には積極的に化学療法を行う場合もあります。手術後に再発予防の化学療法などを勧められた場合には、その効果と副作用を確認しましょう。

 たとえ再発しても、早期発見ができれば治療方法の選択肢が増えます。定期検査は担当医に言われた間隔を守って、しっかり受けましょう。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ