このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/12/24

医師への質問 応用編 ウイルスの除去は可能?

 
 肝がん監修:
京都大学医学部附属病院 胆管膵・移植外科准教授 猪飼 伊和夫
  
 
 私のがんの原因となっているウイルスを取り除くことはできますか。

 C型肝炎ウイルスの場合には、インターフェロン療法でウイルスを取り除ける可能性があります。既にインターフェロン療法を受けている場合でも、週に一回注射をするペグインターフェロンと内服薬のリバビリンの併用療法をまだ受けていないようでしたら、この最新型のインターフェロン療法を受けられるかどうか確認するとよいでしょう。ペグインターフェロンとリバビリンの併用療法で48週間治療すると、従来のインターフェロン療法が効きにくかった1b型でウイルス量の多い人でも、約5割の人のウイルスが排除されたという報告があります。ウイルス量が少なければ、C型肝炎ウイルスが消える確率はさらに高まります。

 インターフェロン療法の適応になるかどうかは、過去に受けてきた治療やウイルス量、全身状態にもよります。あなたのウイルスが除去できる可能性があるかどうか、担当医に確認してみてください。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ