このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/11/18

医師への質問 応用編 どんな治療法がありますか?

 
 膵がん監修:京都大学肝胆膵・移植外科准教授 土井 隆一郎  
 
◆こんな質問をしてみましょう
 私の場合、手術でがんを切除することは可能ですか。それができない場合には、どういう治療法がありますか。

 がんがすい臓にとどまっていて、近くの太い血管やがんから離れたリンパ節や腹膜、肝臓などほかの臓器に転移がなければ、手術でがんを取り除くのが標準治療です。ただ、ほかに重い合併疾患がある人や高齢で体力がない人には、手術が適さない場合もあります。

一方で、ほかの臓器に転移があるなどの理由で、手術では取りきれないと判断される場合には、化学療法か放射線治療、あるいはそれらを組み合わせた治療を行います。近くの血管やがんから離れたリンパ節にがんがあるような場合には、化学放射線療法を行ってから手術を行うこともあります。あなたにどういう治療が適しているかは、担当の医師に十分説明を聞くようにしましょう。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ