このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/11/18

医師への質問 応用編 膵がんとの診断を受け非常に不安

 
 膵がん監修:京都大学肝胆膵・移植外科准教授 土井 隆一郎  
 
◆こんな質問をしてみましょう
 膵がんと言われ、とても不安です。私のがんは治る可能性はあるのでしょうか。これからの生活はどうしたらいいのでしょうか。

 膵がんに悪いイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、このがんの治療法は近年、急速に進歩してきています。治る人も増えてきていますから、膵がんだと告知されたからといって、悲観する必要はありません。喫煙者は禁煙し、糖尿病の人は悪化しないように注意するなどの配慮は必要ですが、基本的には、いままでどおりの生活を送って大丈夫です。

 あなたのがんが治る可能性がどのくらいかどうかは、進行度や合併疾患の有無、年齢によっても異なります。あなたのがんのタイプや進行度をよく聞き、まずは適切な治療を受けることが重要です。自分の病気をよく知ることで不安が解消する人もいるはずです。

手術や化学療法、放射線療法などの治療を受けた後、仕事や家事に復帰できるか、また、どのくらいで復帰できるかどうかは、仕事の種類や進行度、治療の内容によっても異なります。そういったことが心配な人や、不安で眠れない日が続くなどといった状況であれば、遠慮なく、担当の医師に相談するようにしましょう。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ