このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/8/26

医師への質問 応用編 手術前の抗がん剤治療の意味は?

 
 大腸がん監修:京都大学消化管外科教授 坂井 義治  
 
抗がん剤治療をしてから手術をするよう勧められました。一刻も早くがんを切る手術をしてほしいのに、なぜ抗がん剤治療が必要なのでしょうか。

 手術の前に行われる化学療法は「術前化学療法」と呼ばれます。手術の前に化学療法を行うことで、がんの増殖する勢いを弱める効果が期待できます。現段階ではがんが大きく手術が難しい場合でも、術前化学療法でがんが小さくなれば、手術を受けることができます。

 また、がんが小さくなることで、手術で切除する腸管の範囲を狭めた自律神経を温存する手術(機能温存手術)などが可能になることもあります。大腸がんの治療の基本は手術ではありますが、抗がん剤治療を手術の前に組み合わせることで、後遺症の少ない治療を受けることができるのです。

 医師がどのような目的で術前化学療法を勧めているのか確認してみましょう。

(まとめ:小又 理恵子、小板橋 律子)

この記事を友達に伝える印刷用ページ