このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/8/26

医師への質問 応用編 手術後の薬剤投与の意味は?

 
 大腸がん監修:京都大学消化管外科教授 坂井 義治  
 
結腸を切る手術を受けた後、再発を防ぐために薬を点滴しましょうと言われました。どのような意味なのでしょう、薬の副作用も気になります。

 手術後の補助療法として再発を防ぐために行われるのが「術後補助化学療法」です。がんの進行度によって再発の可能性が高いと判断された場合は、遺残しているかもしれないがん細胞を叩き、再発を予防する目的で、術後補助化学療法が行われています。

 ただし、ご心配のように抗がん剤には、がん細胞を死滅させるという効果がある一方で、副作用もあります。そのため、受けられる治療のメリットとデメリットを十分理解し、納得したうえで治療に臨みたいものです。ご自身の再発リスクと、抗がん剤治療を受けることで再発リスクをどれほど下げることができるのか、医師に説明してもらいましょう。

(まとめ:小又 理恵子、小板橋 律子)

この記事を友達に伝える印刷用ページ