このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/7/22

医師に聞くべき質問 応用編 私の乳がんに遺伝は関係するのでしょうか?

 
 乳がん監修:京都大学乳腺外科学教授 戸井 雅和氏  
 
私の家族はいわゆる"がん家系"です。母が卵巣がん、叔母が乳がんを経験しています。私の乳がんに遺伝は関係するのでしょうか。

 乳がんの発生のほとんどは、環境因子が原因となっています。ただし、なかには体質(遺伝)が関連して乳がんになる場合があります。近い血縁者に、乳がんや卵巣がんを経験した方がいる場合には、その可能性が出てきます。

 体質が関連した乳がんで注意すべきことは、温存手術を受けた場合に、再度、その乳房内に新しい乳がんが生じるリスク、反対側の乳房に新しく乳がんが生じるリスク、卵巣がんが生じるリスクが、そうでない場合に比べて、高くなるということです。

 乳がん治療後は、乳がん検診のみならず、卵巣がん検診も定期的に受けることをお勧めします。また、より詳しく、ご自身のがんについて知り、予防策を立てたいという場合には、遺伝カウンセリングを受けるという選択肢もあります。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ