このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/7/22

医師に聞くべき質問 応用編 乳がんの治療は将来の妊娠・出産に影響する?

 
 乳がん監修:京都大学乳腺外科学教授 戸井 雅和氏  
 
これから子供が欲しいと考えています。乳がんの治療は、私の将来の妊娠・出産に影響しますか?

 がんが治り生理もあれば、妊娠・出産は普通にできます。がん治療は終了してしまえば、将来の胎児に悪影響を残ることはなく、また、妊娠・出産ががんの再発リスクを高めることもありません。

 ただし、抗がん剤やホルモン剤の影響から早期に閉経してしまうことがあります。早期閉経が生じるか否かは、ご自身の年齢が、薬剤の種類にもよります。また、ホルモン剤は、基本的に長期間、最低でも5年の投与が必要であることも妊娠・出産には影響することでしょう。

 用いる薬剤がどれほど閉経のリスクがあるのか、また、治療期間はどれほど必要なのかの説明を十分受けましょう。再発リスクが低ければ、術後の薬物療法を行わないという選択肢もあり得ます。

 ただし、子供が欲しいということで、ご自身の判断で術後の薬物療法を途中で中断され、待望のお子様に恵まれた後に、ご本人のがんが再発してしまったというケースがあるのみ事実です。

 ご自身の人生設計を主治医にお話になり、十分に考えられた後に術後の薬物療法を選択してください。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ