このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/7/15

医師に聞くべき質問 応用編 乳房を残すことは可能ですか?

 
 乳がん監修:京都大学乳腺外科学教授 戸井 雅和氏  
 
私の場合、乳房を温存する手術(乳房温存術)を受けることができますか?また、手術後の乳房はどのような形になるのでしょうか。

 乳房を温存した手術(乳房温存術)とは、病変のある部分のみを切除する方法です。ステージ0、1、2の乳がんの標準的な治療法となっています。これまでの研究により、乳房温存術を術後の放射線治療と組み合わせることで、乳房切除術と差の無い生存率となることが証明されています。そのため、現在、国内の新規乳がん患者さんの約5割が、乳房温存術を受けており、最も選択されている術式となっています。

 ただし、乳房を温存しても、切除部位が乳房の大きさに比べて相対的に大きすぎれば、残った乳房は変形してしまいます。変形した乳房を温存するよりは、乳房切除術後に乳房再建術を受けた方が、手術後の満足度が高い可能性があるのです。乳房温存術後にどのような形の乳房になるのか、その場合、乳房切除術後に乳房再建術を受ける場合と比べて、自分にとっての満足度はどちらが高いと予想されるかを、十分、主治医の先生と相談し、納得したうえで選択することをお勧めします。

 また、乳房温存術を行うには腫瘍が大きすぎる場合に、手術前に化学療法(術前化学療法)を受け腫瘍が小さくなれば、乳房温存術を受けるという選択肢もあります。術前化学療法のメリット・デメリットもよく聞いて、選択肢となり得るのか主治医に相談してみましょう。

(まとめ:小板橋 律子)

この記事を友達に伝える印刷用ページ