このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/5/20

医師に聞くべき質問 応用編 腎臓が1つになることが心配です

 
 腎がん監修:京都大学医学部泌尿器科学教室教授 小川 修  
 
◆こんな質問をしてみましょう
 全摘が必要な場合、腎臓が1つだけになってしまうことが不安です。残った腎臓の健康を維持するにはどうしたらいいですか? また、残った腎臓にがんが転移するということはありませんか?

 他の臓器に転移が無い場合には、がんのある側の腎臓を全摘するのが標準治療とされています。2つある腎臓のうち1つを取ってしまっても、残った側の腎臓の働きが正常であれば日常生活に支障が出ることはほとんどないので心配することはありません。ただ、交通事故などで残った側の腎臓が傷つくと腎不全になり、血液透析を受けなければならなくなりますので、いままで以上に事故やけがには気をつけましょう。

 また、たとえば、高血圧、糖尿病の人やその予備軍の人は、腎臓が片方だけになってしまうと、将来、腎臓機能が低下する恐れがあるので、これまで以上に、塩分、カロリーの摂取量を控えめにし、必要な薬はきちんと飲むように心がけるなどの注意が必要になる人もいます。あなたの場合、残った腎臓の機能を維持するために特に注意したほうがよいことがあるかどうかは、担当の先生によく聞いて確認するようにしましょう。

 残った側の腎臓にがんが転移する確率は1〜2%です。肺や骨への転移と同様、残った腎臓への転移を予防できると科学的に証明されている食品や薬物などはありません。喫煙者は再発リスクが高くなるといった報告もあるので、タバコを吸っている人はこれを機に禁煙したほうがよいでしょう。たとえ、残った側の腎臓に転移が見つかっても、小さい段階であれば、腫瘍を部分的に切除する治療などができますので、手術後の検査や診察は、担当の先生の指示通りきちんと受けるようにしてください。

(まとめ:福島 安紀)

この記事を友達に伝える印刷用ページ