このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2008/4/15

医師に聞くべき質問 私に待機療法は適している?

 
 前立腺がん監修:京都大学医学部泌尿器科学教室教授 小川 修  
 
◆こんな質問をしてみましょう
 待機療法(無治療経過観察)という選択肢もあると聞きました。私の場合、しばらく様子をみても大丈夫ですか。

 待機療法とは、がんと診断されても、定期的に検査を受けながらとりあえずは積極的な治療を受けずに様子をみる方法で、患者さんによっては前立腺がんの標準治療の一つと考えられます。すぐに治療を受けなくても余命には影響がないと思われる人が対象で、一般的には、1) PSA値が20ng/mL以下の人、2)高分化(グリーソンスコア6以下)のおとなしいがんで腫瘍の体積が小さい人、3)期待される余命が10年以下の人が対象となります。

 経過観察を行い、PSA値が急上昇しなければ、そのまま経過観察を続けて大丈夫ではないかと考えられています。また、定期的(1〜2年間隔)に前立腺生検を行い、悪性度の上昇が無いことを確認することも勧められています。この方法を選択した場合、根治的な治療を行わないため合併症などの危険性がないのがメリットですが、何もしないことで逆に不安感が増大する人には適していません。

 実際に、どういう人に待機療法を勧めるかは、病院や医師によって多少見解の差があります。あなたの場合、しばらく様子をみても大丈夫かは担当の先生によく説明を聞き、必要に応じてセカンドオピニオンも受けながら判断しましょう。

(まとめ:福島 安紀)

◆参考サイト・がん情報サービス・がん関係の臨床試験(泌尿器)

この記事を友達に伝える印刷用ページ