このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

新着一覧へ

親ががんにかかったら

2011/9/6

【自宅療養編】第8回

水分・塩分コントロールは難しい

はにわきみこ

 食道の一部と胃のすべてを切除した父。その食卓を預かる母が頭を痛めるのが、水分と塩分のコントロールです。本人の自覚がなければ、食習慣の変更はとても難しいものなのです。

信州文化は「漬け物つまみにたっぷり緑茶」

 父は信州、長野の生まれ。子ども時代、田舎に遊びに行くと、まるで「わんこそば」のように緑茶を何杯も薦められるのが印象的でした。どうやらこれが父の生まれ育った食文化。そして、お茶うけの定番は漬け物です。夏なら胡瓜と茄子の塩もみ、冬には自家製のたくあん、野沢菜漬けといった具合です。

 退院してすぐの頃、父は、あまり水分を取ることができませんでした。胃袋がなくストックできないためでしょう。しかし、食事の量が増えてくると同時に、お茶をたくさん飲む習慣が復活してきました。退院から1年10カ月となる2011年7月時点で、既に「1日に1.5リットル入りのポット4杯を空にしている」と母が嘆くほどの摂取ぶりです。

 体に水分は必要ですし、冷たい物より温かい物の方がいいのは確か。でも、緑茶にはカフェインが含まれることが問題です。夜、父がなかなか寝付けないのは、運動不足とカフェインの相乗効果です。

 物忘れについて専門医に相談をしたとき「夜の寝つきをよくするために、緑茶は午後3時までにしましょう」とアドバイスされました。父もなるほど、と納得したようで、それ以来、午後3時以降のお茶は、カフェインなしのほうじ茶を心がけています。

 また、市販の漬け物は塩分が強く、添加物が使われていることが少なくありません。さらに食物繊維が多く、「良く噛まず、早食い」のクセが抜けない今の父には向きません。何度禁止しても買ってくる父に、母はうんざり。現在は、「新鮮野菜の塩麹もみ」を自作することで、折り合いを付けています。

 水分を摂りすぎると、父は、お腹が緩くなる傾向があります。体内での栄養吸収を妨げる恐れがあるので、水分を適切にコントロールすることが理想なのですが…。わが家では、父の水分摂取コントロールはいまだに大きな課題です。

 昼間、外で活動していれば、これほどお茶を飲むことはありません。

 「ヒマだからお茶を飲むしかすることがない」

 父の問題の原点は、ここにあるのでした。

ポイント

・15時以降は、ほうじ茶にしてカフェイン対策
・漬物が食べたければ、市販品は避けて自家製を

  • 1
  • 2
この記事を友達に伝える印刷用ページ