このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

新着一覧へ

動画で学ぶがん看護

2012/4/10

【第8回】

在宅IVHの指導法(その1)【動画解説】

 在宅で中心静脈栄養法(IVH)を始める場合、初心者にとって複雑な手技をいかに分かりやすく説明できるかが導入の成否のカギとなる。ここでは、在宅でIVHを始める患者とその家族に対し、入院中に看護師がIVHの操作方法と注意点について指導する様子を紹介し、ポイントを解説する。

(監修・協力:静岡県立静岡がんセンター)

 在宅IVHの指導を始める前には、患者の全身状態が安定し、患者と家族がともに在宅IVHの受け入れができていることを確認します。指導の対象者は、患者および患者を主としてサポートするキーパーソンが望ましいです。

動画1 在宅IVHの準備

動画2 輸液のミキシング

 ルートの操作については、まずクレンメやフィルターなど各部位の名称を覚えてもらいます。看護師が説明しながら初めに操作の手本を見せ、家族(指導の対象者)に実際に行ってもらいます。指導の際は、清潔・不潔の概念をしっかりと理解してもらうよう、注意を払う必要があります。

動画3 ルート各部の確認

この記事を友達に伝える印刷用ページ