このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

新着一覧へ

動画で学ぶがん看護

2012/2/24

【第2回】

がん化学療法における急性アレルギーへの対応

 抗がん剤投与に伴う副作用である急性アレルギーは、発見や対応が遅れると死に至る可能性がある。ここでは、静岡がんセンターの外来化学療法における緊急対応マニュアルを参考に、アレルギー症状を早期に発見して迅速に対応するためのポイントを紹介する。

(監修・協力:静岡県立静岡がんセンター)

 朝のスタッフ全体のカンファレンスでは、担当看護師が、アレルギーをおこす可能性のある患者さんの情報を伝達し、スタッフ間で共有します。

 情報共有の目的は、当日勤務する全看護師が、点滴開始や点滴交換で訪室する時に異常の有無を観察できること、また担当看護師との連携をスムーズにして、異常時の連携をとりやすくすることです。

動画1 スタッフ間の情報共有【下の画像をクリックすると別ウインドウで動画が再生されます】

動画2 抗がん剤のセッティング【下の画像をクリックすると別ウインドウで動画が再生されます】

動画3 抗がん剤投与開始の確認【下の画像をクリックすると別ウインドウで動画が再生されます】

この記事を友達に伝える印刷用ページ