このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2010/3/9

いろいろなことを整理してみる

『僕の家族は今までそんなことはしてなかったから変な感じだけど、カレンダーに予定を書くようにしてから、みんな順調にいくようになった。これをやれば、特に大変な時期なんかでも、うまく対応できるんだ』--Eric,17歳

 物事を整理することでストレスを軽減することができます。
すぐに実行できることを挙げてみます。

家庭で

・したいことのリストを作りましょう。一番したいことはリストの一番上に書きましょう
・家族の予定を把握できるように大きなカレンダーを作りましょう。

学校で

・家での出来事を先生に話しましょう。ただし言い訳にするためではありません。
・勉強が遅れているなら、先生やカウンセラーに話しましょう。力になってくれます。

●他にあなたができることは?

 今まで挙げたアイディアの他にもっといい考えがあれば、下に書き出してみましょう。

気持ちが落ち込んだときは誰かに相談しましょう

 きょうだいが病気になると気分が滅入ったり、落ち込んだりします。大変な状況では悲しみや憂うつな気持ちにもなります。でも、気分が滅入った状態が2週間以上続き、今まで楽しかったことが手につかないようならば、抑うつ状態といえるかも知れません。こんな時にぜひ実行してほしいことは、カウンセラーに相談することです。次のようなことがあれば、カウンセラーに相談してください。

こんなことはありませんか?:

・一人で落ち込んだり絶望的になったり、生きることに意味はないと考えたりしていませんか?
・家族や友だちへの興味がなくなっていませんか?
・見ること聞くこと、また周囲の人すべてが気に障りませんか?
・怒りっぽくなっていませんか?
・自分の身体を傷つけたい衝動にかられませんか?

あなたは今、こんな状況ではありませんか?:

・今まで楽しかったことに興味がなくなっていませんか?
・いつもより食事の量が極端に増えたり減ったりしていませんか?
・毎日何度も泣いたり、すぐに泣きだしたりしていませんか?
・何もかも忘れたくて薬を使ったり、お酒を飲んだりしていませんか?
・いつもより睡眠時間が長過ぎたり、逆に眠れなくなったりしていませんか?
・すごく疲れた気分ではありませんか?

これらの質問に一つでも当てはまったら…

 あなたが信頼できる人に必ず相談しましょう。カウンセラーに相談に行くことが、あなたが精神的な病気であることを意味するわけではありません。むしろ、あなたは自分自身が大変な時期を過ごしていて、誰かの力が必要だということを認めるだけの強さを持っているという証拠でもあるのです。カウンセラーを探したり、サポートグループに参加する方法については「サポートを見つける」の章を参照してください。

『気力もなくなって、なにもかもがつまらなくなるほど僕は落ち込んでいた。僕は友だちとも出かけなくなった。今の自分のことを誰にも……家族にも話せないような気がしていた。でも、カウンセラーに相談してからは、すべてが元通りになってきている』--Jake,17歳

『私、成績が下がったの。もともと勉強熱心だったわけではなかったけど、妹ががんになってから、学校のことなんてどうでもよくなっちゃった。美術の先生は、私の絵が変わったことに気がついて、私の話を聞いてくれたの。そして進路指導の先生に相談に行けるようにしてくれて、なんだか肩の荷が下りたみたいな気がする。もちろん、妹のことはまだ心配だけれど、今は学校でちゃんとうまくやっているわ』--Ray,16歳

(監修:東京大学大学院家族看護学分野 上別府 圭子)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals,and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ