このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2010/2/23

家族の変化―状況が変わったら話し合う

 毎週、たとえほんの短い時間でも家族が話し合う時間を持ちましょう。話し合うことで家族の絆(きずな)が保たれます。

話し合う際のアドバイス:

・他のきょうだいと話すとき

・あなたが一番年長の場合、弟や妹はあなたに頼ると思います。できるだけ支えてあげましょう。でも、あなた自身も大変だということを伝えてもいいでしょう。

・あなたが年下で、お兄さんやお姉さんの支えが欲しいときは、あなたの気持ちを伝えましょう。お兄さんやお姉さんはあなたを支えてくれるでしょうが、すべてに答えることはできないかもしれません。

こんなふうに言ってみましょう:

『僕は目一杯のことをやっているんだ』
『一緒にこの困難を乗り越えるためにどうすればいいんだろう?』

・親と話すとき

・あなたの親はあなたと同じようにストレスを感じていると思ってください。親が言うことやすることが、いつも正しいわけではありません。

・できるだけたくさん、親との時間をつくるようにしましょう。そして親といっしょにいる時間がどれだけ大切か伝えましょう。そうすることで、ときどきは夕食に連れて行ってくれたり、あなたのスポーツの試合を見に来てくれたりするかもしれません。

・ときにはあなたが会話を切り出さなければならないかもしれません。親に自分の言うことを聞いてもらうのを悪いと感じるかもしれませんが、そんなふうに考えてはいけません。あなたは、親にとってなによりも大切な、愛する子どもなのです。

・話しにくくても、親と話し合いを続けましょう。

こんなふうに話しかけてみましょう:

『パパ、ちょっと話したいことがあるんだけど、今いいかな?』
『ママ、話があるんだ。少し時間ある?』
『何か僕が手伝えることはある?』

・がんになったきょうだいと話すとき

・あなたのきょうだいは治療のために体調が悪くて一人でいたいこともありますし、調子が良くてあなたと一緒にいたいと思っていることもあります。

こんなふうに話しかけてみましょう:

『ゲームしない?でなきゃ、一緒に話さない?』

『こんなに何もかもが変わってしまうなんて、ついていけないわ。私は妹のKellyとずっと同じ寝室だったの。だけど、彼女が病気になって、ママもパパも夜中に何度も部屋に入ってくるから、私たちの部屋は彼女にとられちゃったようなものだわ。私なんか居間のソファーで寝なきゃいけないこともあったのよ。弟のTimも私も、Kellyが病気だと、前みたいに友だちを家に連れてこれないの。友だちが菌を持ち込むといけないからって。もうすべてがみんな変わっちゃった』--Jessica,13歳

(監修:東京大学大学院家族看護学分野 上別府 圭子)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals,and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ