このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2010/1/26

がんの治療―治療による副作用は何ですか

 がんの治療に副作用が伴うのは、治療の対象が成長の速い細胞だからです。というのも、がん細胞だけでなく、消化管や髪の細胞なども同じように成長が速いのです。治療薬は、がん細胞と正常な細胞を区別することができません。そのため、たとえば化学療法(がん治療の一つ)の際に吐き気がしたり、髪が抜けたりする場合があります。

 副作用には、胃のむかつきなどのように治療後すぐによくなるものもあれば、倦怠感など治療が終わってもしばらく続くものもあります。

あなたのきょうだいが受ける治療の予定を記入してみましょう。

 がんのさまざまな治療法についてもっとよく知るために、下の表を見てみましょう。
 この表にはがんの6種類の治療法について、その方法と副作用が記載されています。あなたのきょうだいは複数の治療を受けることもあります。治療法によって、日帰りでできるものと入院が必要なものがあります。

治療表

 上記表に示したもの以外の治療を受ける場合は、あなたのきょうだいはがんの状態や治療効果を調べるためにモニタリング検査を受けます。よく行われるモニタリング検査については、この冊子の巻末にある「別表A」を参照してください。

●注意すべきこと

 治療によりあなたのきょうだいは感染症にかかりやすくなる場合があります。これは、感染を防ぐ白血球が治療により影響を受けるためです。感染を起こすとさらに具合が悪くなるので、あなたのきょうだいは人ごみや、風邪やインフルエンザや水ぼうそうなどの病気に感染している人を避けなければなりません。

ここで、あなたがすべきことは:

・細菌が拡がらないように水と石鹸で手を頻繁に洗う。
・あなたが病気や風邪の人の近くにいたときは、そのことを親に話す。
・あなたが病気のときはきょうだいから離れる。

(監修:東京大学大学院家族看護学分野 上別府 圭子)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals,and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ