このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2010/1/12

自分のきょうだいががんであると知ったとき―あなたの気持ち

 きょうだいのがんに直面したとき、あなたはいろいろな気持ちを抱くでしょう。そんな感情の例を次に示します。

今日の気持ちと照らし合わせてみてください:

●恐怖感
・私の世界が壊れてしまう。
・きょうだいが死んでしまうのではないか?
・他の家族にもがんがうつるのではないか(がんがうつることはありません)。

怖れていること:

 きょうだいががんになった人はみな恐怖感を持ちます。あなたが怖れていることは現実になるとは限りません。実際には起きないこともありますし、時が経つにつれて消え去ってゆく恐怖感もあります。

●罪悪感
・きょうだいが病気なのに、自分だけ元気なことに罪悪感を覚える。
・笑ったり、楽しく過ごすことが悪いことのような気がする。

罪悪感を感じること:

 きょうだいが重病であるにもかかわらず、自分が楽しむなんてできないと思うかもしれません。これはあなたがきょうだいをそれだけ大切に思っている証拠です。しかし、あなた自身が楽しくなることをしてももちろんかまいませんし、むしろ、それは大切なことでもあることを忘れてはいけません

●怒り
・きょうだいが病気になって頭にきちゃう。
・こんなことをする神様に腹が立つ。
・こんな気持ちになる自分にいら立つ。
・雑用を全部自分がやらなければならなくて頭にくる。

腹を立てていること:

『僕は弟ががんになったことに腹が立つことがある。だからといって弟が悪いのではないし、腹を立てるのはよくないというのは分かっている。でも、おかげですっかり変わっちゃったんだ。パパやママだけじゃない、みんな弟のことばっかり話してる。ぜったい不公平だよ』--Tyree,13歳

 怒りは、表に出にくい感情を包み隠してしまうことがあります。家族ががんになったために、あなたは好きな事もできないし、行きたいところにも行けなくなってつらい思いをすることがあるかもしれません。
 きょうだいががんになったからだと頭では理解できたとしても、感情をごまかす必要はありません。怒りの感情をため込まないで、表現するようにしましょう。
 たとえあなたが頭にきても、あなたが悪い人であるとか、きょうだいを愛していないということにはなりません。ただ単にあなたは頭にきている。それだけのことです。

●疎外感
・仲間はずれにされたような気持ちになる。
・誰もかまってくれない。
・何が起こっているのか誰も教えてくれない。
・家族の会話がなくなった。

疎外感を感じるとき:

『パパもママも夜になるとお姉さんの部屋に行ってずっと話をしているの。でも、私がいちばん小さいのよ! 私だってパパやママといたいわ。なんで二人とも毎晩お姉さんと一緒にいなきゃならないわけ?』-- Sarah 14歳

 きょうだいががんになると、家族の注意がそちらに向いてしまいがちです。あなたの両親は決してあなたを仲間はずれにしようと思っているわけではありません。立て続けにあまりに多くのことが起こっているために、そうなっているだけなのです。
 こういうときは、両親に自分の気持ちや、どうしてほしいかを伝えてみましょう。たとえ、今はあなたのほうに両親の注意が向いていないとしても、両親にとってあなたは大切な子どもであり、愛されていること、そして愛される価値のある子どもなのだということを忘れないようにしてください。

●孤独
・友だちは誰も会いに来てくれない。
・友だちは僕に話すことがもう何もないみたい。
・きょうだいと今までみたいに一緒にいられなくて寂しい。

寂しく感じること:

 友だちとの関係が変化したら「友だちとの関係」の章を、きょうだいと心を分かち合うには「あなたがきょうだいを支える方法」の章を参照してください。あなたのそんな気持ちは永遠に続くものではないことを忘れないで下さい。

●羞恥心
・がんや治療の影響で容姿の変わったきょうだいと一緒に外出するのが、恥ずかしいと感じることがある。
・人から聞かれたことに答えられない自分が情けない。

恥ずかしいと思うこと:

 恥ずかしいと感じるのはあなただけではなりません。同じ立場の他のティーンたちや、がんになったきょうだい自身も、同じ気持ちなのです。時間がたてば恥ずかしさも薄れ、気持ちも楽になるでしょう。

●嫉妬
・きょうだいばかりが大事にされていることに腹が立つ。

嫉妬を感じること:

 きょうだいが病気になったためにかまってもらえていないのだと分かってはいても、あなたにとってはおもしろくないでしょう。きょうだいががんになった他の子どもたちも同じような気持ちになります。あなたの気持ちを親に伝えて、どうしてほしいか相談してみましょう。

(監修:東京大学大学院家族看護学分野 上別府 圭子)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals,and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ