このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/10/6

医療チームとの協力−医療チームと話し合うときのヒント

 診察に同席する場合に備えて、医療チームとの話し合いに役立つヒントをいくつか挙げておきます。

・毎回の診察の前に、質問したいことをまとめたリストを作っておきましょう。

・診察時にメモをとりましょう。もしくは、録音してもよいか尋ねてみましょう。

・後で分からないことが出てきたときに、質問できる医療者の電話番号を教えてもらいましょう。

・書類や検査結果は全部ファイルやノートに閉じておき、診察の際に必ず持って行きましょう。

・診察内容はすべて診察記録ノートに記しておくか、日記に書いておきましょう。服用した薬や受けた検査の一覧を作っておきましょう。

・症状の変化や副作用はすべて記録しておきましょう。いつ、どこで起きたかもメモしておきましょう。

・緊急時に連絡する担当者名と、その連絡方法や行き方などを調べておきましょう。

●自分の権利を知る
 望まない治療はいつでも拒否することができます。米国では州によっては、効果がないと思われる治療を中止する権利が、医師の側にも認められています。大切な人が入院する際、本人の希望をきちんと確認し、病院スタッフにも理解しておいてもらいましょう。病状が変化した場合、本人がどのような治療を望み、あるいは望まないのかをスタッフに知らせておくのです。こういった情報は、カルテには記載してない場合があります。

(監修:聖隷三方原病院緩和支持治療科 森田 達也)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ