このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/9/29

進行がんを生きる患者を支える−緩和ケア 病気の初期から進行した段階のいつでも、どんなときでも、患者は痛みの軽減や生活の質(QOL)の向上を必要とします。この改善を試みる医療が緩和ケアと呼ばれるものです。治療による副作用を和らげたり、がんそのものによる症状を予防したり、治療したりします。抗がん剤治療中もその後も、患者の気持ちを支えることも緩和ケアで行われます。時に、患者は自分のいろいろな症状について医師に話さず、がんの治療の話題だけに集中したがる場合がありますが、緩和ケアを一緒に受けることで、生活の質を向上させることができます。 緩和ケアが終末期のがん患者の症状を和らげる方法であると捉えられていた時期もありましたが、現在では、医師は進行の度合いに関わらず、診断時から必要に応じて緩和ケアを提供しており、治療中、治療後や進行期、そして抗がん剤治療の効果が乏しいと考えられる時期まで受けることができます。緩和ケアについては、医療チームに相談するか、または緩和ケアの専門家であれば最も適切に対応してくれます。専門家がいるかどうか、医師または看護師に尋ねてみてください。

 『化学療法(抗がん剤治療)をしなくても、医療チームのサポートや鎮痛ケア支援を受けられる方法があるということを、患者や家族にきちんと理解してもらわなければなりません。』--腫瘍内科医のJoshua

●ケアの選択

 ケアを選ぶ際には、たくさんの選択肢があります。何を選ぶかは、がんの種類や患者本人がケアに何を望んでいるかによります。そういった選択肢の中には以下のようなものがあります:・臨床試験(治験)。・症状緩和を目的とする放射線療法や化学療法、手術。・ホスピスケア。・在宅ケア。 複数の選択肢を選んでケアを受ける人はたくさんいます。あなたの大切な人も、それぞれの治療法のリスクと利点、そして生と死についてよく考えたうえでケアを選ぶことが大切です。お互いに疑問に思ったことは何でも話し合ったほうがよいでしょう。もし、患者本人がもうがん治療は受けないと決めたとしても、そのために急に症状が進行したり、すぐに最期を迎えることにはなりませんし、緩和ケアが止められてしまうわけでもありません。その場合は、医療チームが他の選択肢を提案し、アドバイスしてくれるでしょう。

●臨床試験

 より効果的にがんを治療する方法を見つけ出すための研究を臨床試験といいます。日々、臨床試験からさまざまな治療法についての新しい情報が得られています。 大切な人が参加できる臨床試験は、がんの種類とこれまでに受けてきた治療法によって決まります。どの臨床試験も、年齢や健康状態、がんの種類などによる参加基準があります。 臨床試験にはリスクもありますが利点もあります。参加に関しての判断をする前に、主治医と臨床試験担当医から臨床試験の良い点、悪い点についての説明を十分受けましょう。 臨床試験に参加することは、患者にとって有益となる可能性があるだけでなく、将来がんになる人たちを救うことにもなります。しかし、医療保険や米国のマネージドケアプラン(メディケアやメディケイドなどの公的保険)が、臨床試験の費用を必ずしも負担してくれるわけではありません。どの程度まで保険でカバーできるかは、保険によっても、臨床試験によっても変わりますので、補償の範囲については医療チームの人たちとよく相談してください。(※編集部注釈:国内では公的医療保険は臨床試験の費用を負担していません。大学病院や製薬企業などが費用を負担する場合と、患者自身が費用を自己負担する場合に分かれています。) 臨床試験についての詳細は、NCIのパンフレット “If You Have Cancer: What You Should Know About Clinical Trials”を参照してください。

(監修:聖隷三方原病院緩和支持治療科 森田 達也)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ