このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/9/15

進行がんを生きる患者を支える−大切な人が望んでいることを理解しましょう

 『私のようにすべてを知りたいと思う人もいると思います。私は予期しない事が起きるのは嫌なのですが、夫は特に何も知りたがりません。それで私たちはもめるのです。』--介護経験者のShirelle

 患者本人が自分で物事を決めるという家庭も多いでしょう。しかし、家庭や文化によっては、患者が承知のうえかどうかにかかわらず、家族がいろいろな事を決定する場合が多いようです。また、患者自身が介護者にすべて決めてもらいたいと考える場合もありますが、これは困難を伴うでしょう。理由はたくさんありますが、例えば以下のようなものです。・あなた自身のストレスが原因で、判断を下すのが難しくなる。・あなたが立てる方針は他の家族が目指す方向とは違うかもしれない。・患者は新たな現実を受け入れられないかもしれない。・家族と本人の考えが食い違うかもしれない。・医療チームの意見は、本人やあなたの意見とは異なるかもしれない。

 いつの日か、大切な人が自分で決めることができなくなり、あなたが決定せざるを得ないときが来るかもしれません。そうなる前に、本人がどのような判断を望むのか理解しておくことが大切です。治療に関する自分の意見よりも患者本人の意見を優先しなければならない、自分の意見は抑える必要があるという場合もあるでしょう。(例えば、あなたはどんなことをしてでも、大切な人に生きていて欲しいと思っていても、本人はがん自体に対する治療をある時点で中止したいと思うかもしれません。)現実を直視して、事実を正しく捉えておくようにしましょう。(監修:聖隷三方原病院緩和支持治療科 森田 達也)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ