このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/9/1

家族との話し合い−その他の親族とのコミュニケーション

 大切な人ががんになったことで、親族の間で思いもよらない感情や変化が生じているかもません。親族の中にも、よく手伝ってくれ、協力的で、あなたとの関係をより深めた人もいれば、治療中にいさかいとなり、あつれきを残していった人もいるかもしれません。こうした確執を修復するには時間がかかることもあります。

 一方、治療後も引き続き介護に関わり愛情や援助を差し伸べる人もいれば、以前ほどではなくなる人もいるでしょう。また、大切な人の回復時期に非現実的な期待を寄せる人もいることでしょう。子供たちと同様に、実際より容易に元の生活に戻るものと思っているかもしれません。他の親族とのコミュニケーションを改善するのに役立つヒントを以下に挙げます。

・親族と問題点を話し合いましょう。治療が終わった今、何が必要なのかを率直に話しましょう。

・主治医、または他の医療チームのメンバーに頼んで、話をする時間を作ってもらいましょう。そして今後数カ月にどのようなことが予想されるのか説明してもらいましょう。

・カウンセラーまたはソーシャルワーカーに依頼して、家族が話し合えるよう援助うしてもらいましょう。第三者がいることで安心して自分たちの不安を打ち明けられるかもしれません。

・コミュニケーションがうまくとれない家族の場合は、ソーシャルワーカーに、現在の状況を説明するのに役立つ印刷物やウェブサイトを紹介してもらい、それらを親戚に渡しましょう。

・治療後も引き続き協力することを望んでいる親戚には、現状について具体的に話してあげてください。そして大切な人の回復状況や、どのような支援が必要なのかということを知らせましょう。

(監修:名古屋市立大学医学部 明智 龍男)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ