このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/7/7

介護者とは誰のことをいうのでしょうか


 『自分自身をいたわることを覚えなければなりません。自分自身のケアができなければ、他の人の介護などできません。遠慮せずに何でも尋ねて、助けを求めるのを怖がらないで。』--介護経験者のJane

 あなたは今、がんの治療を受けている大切な人の手助けをしていますか?そうであれば、あなたは「介護者」であり、この冊子はあなたのためのものです。

 もしかするとあなた自身は、自分のことを介護者として考えていないかもしれません。あなたは、自分はただ当たり前のことをしているだけだと感じているかもしれません。確かに、単純な言い方をすれば、あなたは、あなたにとっての大切な人の介護をしているだけなのでしょう。介護をする人は家族の場合もありますし、友人のこともあるでしょう。

●「介護する」とはどういうことでしょうか。

 介護するということは、患者が毎日必要とすることを手助けすることです。例えば、医師の診察に付き添ったり、食事を作ったり、薬を取ってきたりすることです。また、大切な人がさまざまなつらい気持ちに対処していくのを支えることも含まれます。例えば、その人が悲しみや怒りなどを感じている時などです。時として、大切な人が一番必要としているのは、話を聞いてくれる人の存在なのです。

 介護しているときにありがちなのは、自分のために必要なことや自分自身の感情を抑えこんでしまうことです。しかし、自分自身にとって必要なことを長い間我慢しておくことは自分の健康のために良いことではありません。あなたは、自分自身のこともいたわる必要があるのです。そうでないと、他の人の介護はできないでしょう。だから介護者は、介護者自身のケアを十分にしなければならないのです。

(監修:名古屋市立大学医学部 明智 龍男)


"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ