このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/6/30

介護者の権利宣言

 私には自分自身のことをケアする権利があります。これは身勝手ではありません。大切な家族のためのよりよいケアができるように必要なことです。

 私には、患者自身が反対したとしても、他者の助けを求める権利があります。私の持久力と強さには限界があります。

 介護が必要な患者のためではなく、患者が健康なころと同じように、私には自分の生活を維持する権利があります。大切な人のために私が無理なくできることはなんでもします。しかし、私は自分だけのためにいくらかのことをする権利があります。

 私には、時に怒ったり、落ち込んだり、堪えがたい感情を表す権利があります。

 私には、患者自身が私に怒りや罪悪感を押し付けて私に何かを行わせることを拒否する権利があります。(患者自身が認識しているかどうかは問題ではありません。)

 私には、大切な人のためにした行為に対しての配慮、愛情、許し、そして容認を見返りとして受け取る権利があります。

 私には自分がしていることにプライドを持つ権利があります。そして大切な人である患者の要求にこたえるために払った勇気を賞賛する権利があります。

 私には個人としての自分を守る権利があります。そして、常時の介護をする必要がなくなったときに、私自身を維持するための生活に戻る権利があります。

(作者不明)

この記事を友達に伝える印刷用ページ