このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/6/23

人生設計−不妊や金銭の問題

 大切な人ががんになったために、あなたのライフスタイルが変わってしまうことを悲しんだり、怒りを覚えたり、心配したりすることはよくあることです。あなたは自分の仕事や家計に大きく影響するような決断を迫られるかもしれません。このような問題に対処する方法を探すことで、多少は心が休まるかもしれません。

●不妊の問題に向き合う

 がんの治療の影響で子どもをつくれないのではないかと心配する人たちもいます。もし、将来自分たちの子どもが欲しいと思っているならば、治療前に担当医に相談しましょう。あなた自身の生殖機能を維持するための選択肢が聞けるかもしれませんし、カウンセラーや不妊治療専門医を紹介してくれるかもしれません。こういった専門家は、選択できる方法を検討してくれます。事前に情報に基づいた選択ができます。

●金銭問題に対処する

 『私はお金の為に働いているんじゃない。保険のために働いているんだ。もし、保険を失えば、私たちは全てを失ってしまう。』--介護経験者のDebbie

 がんになった人たちと、その家族にとって、経済的負担は切迫した問題です。病気の間は、自分の選択肢を見直す時間も精力もほとんどないかもしれません。しかし、あなたの家族の金銭面を健全に保つことは大変重要です。

 病院の支払いに関しては、あなたか患者本人が病院の医療費相談窓口担当者と相談してみてもいいかもしれません。月賦での支払い方法をとってもらえる場合もありますし、医療費の減免を受けられる場合もあります。また、特定の治療の費用が保険で補償されるかどうか、民間医療保険会社に問い合わせてみましょう。※編集部注釈:日本では高額療養費制度など医療費の自己負担額を軽減できる公的な制度があります。詳しくは、ソーシャルワーカーに相談してみましょう。

(監修:埼玉医科大学国際医療センター 大西 秀樹)


"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ