このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/6/2

家族や友人と話し合う−子どもと話すときのヒント

●幼児(2〜5歳)

・できるだけ短い時間で話すようにしましょう。この年齢の子どもたちは、ほんの一瞬しか集中できません。

・単純明快に話しましょう。何が起こっているかを絵に描くのもいいかもしれません。

・毎日の子どもたちの日課に生じ得る、どんなささいな変化でも伝えておきましょう。

・どんな質問にも答えること、そしていつでも話をすることを伝えましょう。

●学童(6〜9歳)

・短い時間で話すようにしましょう。この年齢の子どもたちは、ほんの一瞬しか集中できません。伝える必要があることを全て伝えるには、何度かに分けて話すようにしましょう。

・この年齢の子どもは情感豊かです。あなたの話している間、別なことに気をとられて何らかの感情を表すことがあるでしょう。しかし、それでも問題はありません。そうすることで、彼らは自分たちのペースで、伝えられたことと自分自身の感情とに向き合っているのです。

・例え話を使いましょう。子どもたちが病気になったとき、お医者さんのところへ行ってよくなったことを思い出させましょう。

・間近に起きることを伝えましょう。この年齢の子どもは何週間、何カ月も先といった将来のことは考えません。

・誰が子どもたちの世話をするかを伝えておきましょう。

・子どもたちの質問には全部答えましょう。そして、この次はもっと話そうと言ってあげましょう。

●思春期の前(10〜12歳)

・少し長めの話をすることを計画しましょう。子どもたちのペースで話をしましょう。

・がんという病気を子どもたちが既に知っているか尋ねたうえで、子どもたちの理解が家族の状況に合っているかどうか確かめましょう。もし、家族の状況に当てはまらないようであれば、正しいことを伝えましょう。

・子どもたちは嫌な話を聞かなかったり避けたりするものです。

・単純に具体的に話しましょう。例えば、身体にしこりがあって、それを取らなければいけないというように話すのもいいでしょう。

・現在のことだけではなく、これからのことについても話しましょう。例えば、がんの治療が休日やもうすぐ予定されている行事などにどう影響するかを子どもたちに伝えましょう。

・子どもたちの質問には誠心誠意答えるつもりだということを伝えましょう。そして、いつでも話したいときに話していいのだということを分かってもらいましょう。

●思春期(13〜18歳)

・更に長い間話すことができるでしょう。子どもたちに話のリードをさせましょう。

・子どもたちが話題を無視しようとしたり、避けようとするかもしれないことも心得ておきましょう。思春期の場合は、怖いとき、また、恥ずかしいときでさえも、話題を避けようとするものです。家族の身体のことを話したがらないかもしれません。特に、乳がんや性器のがんの場合は特にその傾向があるかもしれません。

・子どもたちは自分の感情に対処するための時間が必要です。一人になりたいと思うかもしれませんし、友達に合いたいと思うかもしれません。そういった時間を子どもたちに与えましょう。

・10代の子どもたちの場合、がんについての事実を話すべきです。あなたが事実を話すことで、子どもたちの間違った情報を修正することができます。冊子などを与えて、あとで読んでもらいましょう。自分自身でいろいろ調べてみたいと思う子どももいますから、そういう場合は、信頼できる情報源から学んでいるかどうかと、家族の場合に当てはまる情報であるかどうかを確認しましょう。

・思春期の子どもたちの場合は、よく『もしも〜だったら』という質問の仕方をします。彼らは将来のことをもっともっと知りたいのです。子どもたちの質問には、あなたができる限り精一杯の答えを示してあげてください。そして、またいつでも喜んで話をするということを子どもたちに伝えましょう。

・子どもたちはがんによって彼らの生活にどんな影響が出てくるかを知りたいと思っているかもしれません。社会生活に支障を来したり、家での自分の雑用が増えるかどうか気にしたりするかもしれませんが、それは自然なことです。彼らに誠実に対応してください。

(監修:埼玉医科大学国際医療センター 大西 秀樹)


"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ