このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/6/2

家族や友人と話し合う−子どもの行動と感情

 大切な家族ががんになったときの子どもたちの反応の仕方はさまざまです。次のようなものがあるかもしれません。


・混乱したり、怖がったり、怒ったり、孤独になったり、耐えられなくなったりするかもしれません。

・治療による副作用を見て、おびえたり、どう振る舞えばいいか分からなくなったりします。

・親と離れなくなったり、いままでと違って注意散漫になったりします。

・責任を感じたり、罪悪感を持ったりします。

・家の手伝いをたくさん頼むと怒り出したりします。

・学校で問題を起こしたり、家での仕事をしなくなったりします。

・摂食障害や睡眠障害、勉強が遅れたり、友人関係での問題を起こしたりします。

・今、自分の世話をしてくれているのが親でないことに怒り出したりします。

 こういった行動は普通にみられるものですが、なんらかのサポートが必要になるかもしれません。


(監修:埼玉医科大学国際医療センター 大西 秀樹)


"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ