このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/5/19

title_nci_entry01_22.jpg

 以下に挙げた自分自身へのケアは簡単なことのようですが、ほとんどの介護者にとって、実践するのは容易ではありません。あなたは自分の心と身体の両方において常に健康に注意を払わなければなりません。例え、あなたが他の人の要求を第一に考えている場合も、以下に示したことは大切です。

・自分自身の検査や、検診、その他必要な診療をきちんと受け続ける。

・処方された自分の薬の服用を忘れないよう注意しましょう。外出を減らせるように、余分に処方してもらえないか医師に頼んでみましょう。宅配してくれる薬局があるか確認してみましょう。

・健康的な食事を取りましょう。きちんとした食事はあなたの強さの原動力です。もしあなたの愛する人が入院中だったり、医師の診察に長時間かかるならば、家から軽食を持っていきましょう。たとえば、サンドイッチ、サラダ、調理済み食品、缶詰の肉などは弁当箱に簡単に入れることができます。

・十分に身体を休めてください。眠りに入るには、静かな音楽や、深呼吸などがいいかもしれません。十分な睡眠をとれないときには短い仮眠をとれば元気になるでしょう。不眠症状が続くなら医師の診察をうけてください。

・運動をしましょう。ウオーキング、水泳、ランニング、自転車などは数少ない身体を動かす方法のひとつです。庭仕事や、掃除、草刈り、階段を上がることといった運動でもあなたの身体の健康を保つことができます。毎日少なくとも15〜30分は身体を動かようにすれば、気分もよくなり、ストレスを減らせます。

・リラックスできるような時間を作りましょう。ストレッチや、読書、テレビを見る、電話をかけるといったようなことがいいかもしれません。あなたがくつろげるものが何であれ、きちんとそのための時間をとりましょう。自分の欲求にこたえて、自分自身のストレスを減らそうとすることが大切です。

(監修:埼玉医科大学国際医療センター 大西 秀樹)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ