このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

2009/4/14

title_nci_entry01_05.jpg

 『子供のころ、私たちはふたつのルールを教わりました。ひとつは、「細かいことにくよくよするな」、そしてもうひとつは「すべて些細なことだ」です。だから、あなたは自分にとって何が大切かをはっきりさせなければいけません。自分でできないことにではなく、できることに目を向けましょう。 』--介護経験者のAnne

 介護者としてうまくやるためには、自分が采配を振るえる範囲内で精力を注ぐように努めることです。以下のようなものがあります。

・診察日の予約を入れるのを手伝う。

・食事の準備など、毎日必要なことを手伝う。

・患者の仕事や役割を引き受ける。

・がんや治療の選択肢についてもっと調べる。

・その他できることがあればなんでもやってみる。

 介護する人の多くは、振り返ってみれば自分がいろんなことを引き受けすぎてしまったといいますし、もっと早くだれかに援助を求めればよかったとも言っています。あなたにできることとできないことを素直に考えてみましょう。介護作業のなかで、あなたが得意であったり、あなたしかできないものは何ですか?また、それらのうちのどれかを他の人に頼むことはできませんか?もしあなたが絶対にしなければならないようなものでなければ、進んで手放すようにしましょう。

●あなたの中で優先順位を決める

 毎週しなければいけないことや活動のリストを作りましょう。それぞれにどれだけの時間がかかり、どれだけの重要性があるかを把握しておきましょう。もし、大して重要でないものならば、あなたの予定リストから消してしまいましょう。そうすれば、本当にあなたがやりたいと思っていることと、しなければならないことにもっと時間を割くことができるでしょう。そうすることで、他のだれかががっかりするかもしれませんが、他の人が何と思おうとあなたは自分が大切だと思うことだけをきちんとやればいいのです。どうなっているかをあなたが話せば、ほとんどの人は分かってくれるでしょう。

(監修:埼玉医科大学国際医療センター 大西 秀樹)

"The U.S. National Cancer Institute dose not currently endorse any foreign-language translations of NCI information by other organizations or individuals, and no such endorsement should be inferred."

この記事を友達に伝える印刷用ページ