このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

新着一覧へ

今話題の新しいがん免疫療法ってどんなもの?

2016/1/12

第2回

免疫チェックポイント阻害薬って何?

京都大学大学院医学研究科免疫ゲノム医学教授・静岡県公立大学法人理事長の本庶佑氏に聞く

加藤 勇治

 新しい免疫療法ががん治療の分野で注目されている。この「新しい免疫療法」とは、具体的にどんなものなのだろうか。カテゴリーとして免疫チェックポイント阻害薬と呼ばれるこの新しい免疫療法とは、抗体医薬のこと。抗体医薬といえば、乳がん治療に用いられるトラスツズマブや大腸がんや肺がん治療などに用いられるベバシズマブ、B細胞性非ホジキンリンパ腫治療に用いられるリツキシマブなどがあるが、今、注目されている新しい免疫療法で使用される薬剤そのものはこうした抗体医薬と同じなのだ。<br>
 この新しい免疫療法としての抗体医薬の標的の1つを発見したのが、京都大学大学院医学研究科免疫ゲノム医学教授で、静岡県公立大学法人理事長も務める本庶佑氏のグループだ。


京都大学大学院医学研究科免疫ゲノム医学教授・静岡県公立大学法人理事長の本庶佑氏。

 連載第1回で紹介したように、本庶氏らのグループが見つけたPD-1という分子は、体内にある「免疫系細胞に対して抑制しなさいというシグナルを伝える機能がある」(本庶氏)。つまり、PD-1という分子が働くことで免疫系の作用が抑えられるというわけだ。PD-1はT細胞などの異物を排除する免疫系細胞の表面に存在している。

 実はがんはこのPD-1の機能を「悪用」している。

 PD-1が機能を発揮して免疫系を抑制するには、PD-1に作用するスイッチが必要だ。それがPD-L1という分子。PD-L1がPD-1に結合すると免疫系細胞内に信号が入り、このPD-L1を出している細胞を攻撃するな、という指令が伝えられる。

 PD-L1は通常、免疫系細胞によって攻撃されては困る、正常な細胞に存在しているのだが、実はがん細胞の中にはこのPD-L1を発現しているものがある。がん細胞に取りついてがん細胞を殺してしまおうとしている免疫系細胞に対し、がん細胞がPD-L1という「名札」を示すことで免疫系細胞が攻撃を止めてしまうというのが、がん細胞の「悪用」の正体だ。

 がん細胞が免疫系細胞をだまして攻撃をやめさせている仕組みが明らかになったわけだから、その仕組みを標的とすれば免疫系細胞ががん細胞への攻撃を再開するはず。こうして開発が進められたのが、PD-1やPD-L1に対する抗体医薬だ。PD-1やPD-L1に抗体が結合すれば、PD-1にPD-L1が結合して「攻撃をやめなさい」という信号が伝達されるプロセスが阻害されると期待されたからだ。そして、そのコンセプトは臨床試験で有効性が証明され、国内では、晴れて2014年、抗PD-1抗体としてニボルマブが「根治切除不能な悪性黒色腫(メラノーマ)」で承認を取得し、利用可能となった。2015年12月にはニボルマブに対し、「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」の適応も追加で認められた。

  • 1
  • 2
この記事を友達に伝える印刷用ページ