このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

新着一覧へ

今話題の新しいがん免疫療法ってどんなもの?

2015/11/5

第1回

免疫チェックポイント分子って何?

京都大学大学院医学研究科免疫ゲノム医学教授・静岡県公立大学法人理事長の本庶佑氏に聞く

加藤 勇治

免疫系のブレーキを解除すれば抗腫瘍効果が現れる
 本庶氏によれば、PD-1は、車に例えるとブレーキだという。免疫系の細胞は、ウイルスや病原微生物などから身体を守るために、体内で常に準備をしている。しかし、免疫系の細胞が活発になりすぎれば、自らの身体を攻撃しかねない。そのため、免疫系細胞にブレーキをかけるメカニズムが必要で、その仕組みの1つがPD-1というわけだ。いつしか、こうした免疫系を抑制するPD-1や類似の機能を持ったり関わったりする分子を総称して、免疫チェックポイント分子と呼ぶようになった。「免疫を活性化するか抑制するかを決める『チェックポイント』に関わる分子という意味で名付けられたのだろう」と本庶氏は語る。

 しかし、がん細胞の中には、自らを守るためにこの免疫系にブレーキをかける仕組みを悪用しているものがある。免疫チェックポイント分子を出していれば、「この細胞は攻撃してはいけない」、という情報が免疫系の細胞に伝わってしまう。そのため、癌細胞の周りに多くのT細胞などのリンパ球があっても、それらのリンパ球は癌細胞を攻撃できなくなってしまっている。

 「このブレーキを解除してがん細胞を攻撃できるようにするというのが新しいがん免疫療法のメカニズムです」と本庶氏は説明する。

 本庶氏は、「PD-1がここまで抗がん剤としての高い効果を発揮するとは、最初はまったく思いませんでした。しかし、臨床試験が行われ、高い効果が示され、まずは悪性黒色腫を適応症として承認されたことは研究者冥利に尽きます。今年発表された臨床試験の結果を見ても、驚くような効果が得られていますので、今後は、できるだけ早く、他の多くのがんでも使えるようになって欲しいと思います」と語っている。

 次回は免疫チェックポイント分子を阻害する薬剤(免疫チェックポイント阻害薬)の開発動向について紹介します。

この記事を友達に伝える印刷用ページ