このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

新着一覧へ

國土典宏教授の肝がん治療の誤解を解く

2010/10/5

連載第1回

肝がんには2種類ある!

 数年前、ある著名人の新聞死亡記事に、「A氏は○月△日、肝がんで死去した。A氏は2年前に大腸がんを手術し、その後肝臓や肺に再発した。氏は自分のがんを公表し、闘病生活を続けながら精力的に活動し・・・」とあるのを読んだことがあります。

 これを読んだ私は、「肝がんで死去」という言葉が強くひっかかりました。なぜなら、この場合は、「大腸がんで死去」と言わないと医学的に間違っていることになるからです。

 新聞記事から医学的事実を推測すると、「A氏は大腸がんを手術した後に、肝臓と肺に転移再発した(大腸にがんは再発していない)。肝転移と肺転移の治療を続けていたが、肝転移巣の治療がうまくいかず、がんが肝臓全体に広がり肝不全になって死亡した。肺転移も治療効果は十分ではなかったかもしれないが、生命に関わるほど悪くはなかったらしい」ということになります。

 死亡時点でおそらく大腸にがんはなく、肝臓内のがん病巣によって亡くなられたため、ご家族や関係者は「肝がんで死去」と発表し、記者もそう書いたのでしょう。しかし、この場合は、医学的には「大腸がんで死去」と書くべきです。A氏の命を奪ったがん細胞は、肝臓にできた肝がん(肝細胞がん)細胞ではなく、大腸がん細胞だからです。

 大腸がんとして発生したがんは肝臓に転移しても大腸がんとしての性質をもち、肝臓に固有に発生する(原発といいます)肝細胞がんとは全く異なる性質を持ちます。性質が違う、ということは治療法も全く違うこともあり得るわけです。

がんの種類によって治療法は異なる 
 このような誤解が肝がんの医療現場で混乱を招いています。例えば、3cm以下の肝細胞がんに低侵襲治療として最近よく行われているラジオ波熱凝固療法は、転移性肝がんに行うと明らかに再発が多く、再発した後の手術が難しくなります。転移性肝がんはどんなに小さくても切除できるものはまず切除するべきなのです。しかし、実際には、「肝がんです」と診断された患者さんが、自分は転移性肝がんなのに、ラジオ波熱凝固療法を選択希望されることがあります。

  • 1
  • 2
この記事を友達に伝える印刷用ページ