このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

知っておきたい緩和治療

2012/2/8

知っておきたい緩和治療 Vol.1

痛みの治療は我慢せずにがん治療と並行して行うものです

福島安紀=医療ライター

 図2のように、第1段階の弱い痛みには、発熱や頭痛などのときにも使われる一般的な鎮痛剤、第2段階の中等度の痛みは、コデイン、トラマドールといった弱いオピオイド鎮痛薬(医療用麻薬)、第3段階の強い痛みにはモルヒネといった強いオピオイド鎮痛薬を使う。薬の種類と量、投与経路は、痛みの程度や患者自身の希望や状態によって変えていく。

図2 WHOによる3段階の痛みの治療法(「医療用麻薬適正使用ガイダンス」(厚生労働省)を参考に作成)

 「弱い痛みには弱い鎮痛薬、強い痛みには強い鎮痛薬を使うのがポイントです。抗がん剤の場合は、患者さんの体表面積によって薬の量が変わりますが、痛みに対する感じ方は人それぞれなので、常に本人の自覚症状、薬への反応性を見ながら、痛み止めの種類や量、副作用対策の薬を調整していきます。治療中には、痛みは軽減したか、日常生活ができるようになったのか、副作用はどうかなどをチェックし、医師や看護師に率直に伝えるようにしてください。痛みをなくし、日常生活ができるようにするのが緩和治療の目的なので、便秘や吐き気といったオピオイド鎮痛薬の副作用で生活の質が下がった場合は、そのことも遠慮せずに伝えましょう」と的場氏は話す。

 オピオイド鎮痛薬には、経口薬のほか注射薬、坐薬、貼付薬がある。

 内服ができる場合には、経口薬を使うのが基本となる。経口薬は、1日1回定期的に飲む薬と、痛いときに臨時で飲む薬(レスキュー・ドーズ)がある。定期的に飲むタイプの薬でも内服後1〜2時間で十分な濃度になる。

 貼付薬は、痛い部分に貼るわけではなく、前胸部か腕に貼り、皮下の毛細血管から薬を吸収させる。経口薬より簡単なようだが、効果が出るまでに時間がかかるので、すでに必要な薬の量が分かっていて痛みがある程度コントロールできている患者に適しているという。

この記事を友達に伝える印刷用ページ